2008年の日記

長野・高峰高原に行きました
(2008年08月01日)


今、長野県の小諸市にある、ひかりの輪の道場に滞在しています。
主たる目的は、最近ここで始めた団体の指導員の教学・修行の手助けや、
お盆に、ここで予定されている団体の出家修行者の修行の準備などです。

本部道場などと比べると一軒家でこじんまりとしていますが、
自然豊かな場所柄もあって、感じが良いので気に入っています。

とはいえ、一日中、道場施設の中での修行だけではと思い、
いつものパターンで、近くの優れた自然の中に行ってみました。

                                                                 小諸道場近くの高峰高原にて


行ったところは、「高峰高原」と言います。

小諸道場から30分ちょっとのことろですが、
道場に近い割には、予想以上に良いところでした。


 

 

標高2000メーターの高さでとても涼しく、
浅間山を含めた山々の緑と、美しい花々を楽しめ、

 




咲き乱れる高原の花々

 

感じの良い温泉(高峰温泉)もあります。


特に、「池の平」という湿原は、大きく開けた空間に、


湿原の真ん中

 

さまざまな花が咲いていて、
心が解放されて、広がる感じがしました。
観光にも瞑想修行にも良いところだと思います。






美しい多様な花々



その場所柄のせいか、帰り際に、一羽の蝶がやってきて、
友人や自分の手に30分近く止まり続けていました。


 

人をなれている蝶を見たのは初めてで、ちょっとした
超(蝶)常現象でした。

皆さんも機会があれば一度行かれたらと思います。


<<< 前へ【長野・上高地に行きました】

次へ【私たちは何を愛しているのか?】 >>>

ひかりの輪 ネット道場
7/10開設!会員でない方も、どなたでも、支部道場での、教えや修行法を、ネットを通じて、ご自宅から学ぶことができます。
過去1年間の改革の状況と今後の方針




21世紀の宗教・思想の創造「ひかりの輪」
「ひかりの輪」各支部サイトはこちら