2010年の日記

雷と虹、そして、瞑想での気づき
(2010年07月19日)

(2010年7月17日の日記)
本日は、名古屋の説法会でした。

今、長野の小諸市の道場に来ています。ここは浅間山がよく見え、自然が豊かなので、心身を浄化するために、時々来ます。

今日は日が暮れるまでは、瞑想の日を決め、山間部の温泉に入った上で、くりかえし瞑想をしました。

その間、繰り返し雷が鳴りました。雷鳴と共に、前の山の上に、稲光が輝く。深い思索と連動して、神聖な時間でした。

この瞑想でとても良い気づきがありました。この世の万物は平等な仏の現われ、という大乗仏教の教えについてです。

現代の多くの人が苦しむ、他への嫌悪・怒り・、そして、卑屈・自己嫌悪・妬みから、解放される教えです。今後の説法会などでお話ししたいと思います

経典の言葉は、それを知るだけでは不足で、自分の日常生活に完全に当てはまってこそ、心が解放されると思いますが、それが前より相当よく、実現できた感じがしました。

----------------------------------------------

さて、瞑想を終えて、車に乗り帰る途中、水野さん(ひかりの輪の副代表)が、「少し前に目の前に虹が出たので、代表の瞑想がうまくいったのではと思いました」と話してきました。

彼女がこういう理由は、ひかりの輪の修行者は、これまでも、精神的な進化と、虹や雷の天空・自然の現象が連動することが多いからです。そして、そのため、団体のマークにも、虹を使っています。

大自然を母と見る思想がありますが、自分は体験上も、宗教も自然が育むものだ、と感じます。

さて、明日からは、いよいよ長野道場を後にして、17日が名古屋道場の説法会、18日が大阪道場の説法会、そして19日が広島での集会に行きます。それを前にして、良い1日となりました。

そろそろ、平年なら梅雨明けが近づくころ。皆さんの毎日にも、晴れ間が広がるよう、お祈りします。

 

<<< 前へ【選挙と社会占星学】

次へ【名古屋の説法会】 >>>

一般の方のために
外部監査委員会
ひかりの輪を監査する「外部監査委員会」のサイト〈河野義行委員長監修〉
アレフ問題
アレフ洗脳被害のご相談窓口もこちら,アレフの盲信脱却法も掲載。
地域のみなさまへ
地域の住民のみなさまに向けて、団体の活動や、疑問へのお返事を公開。
ポータルサイト
ネット生中継
ひかりの輪 ネット道場
会員でない方も、どなたでも、支部道場での、教えや修行法を、ネットを通じて、ご自宅から学ぶことができます。
21世紀の宗教・思想の創造「ひかりの輪」