2010年の日記

日記
(2010年09月24日)

(2010年09月24日の日記)

23日昼、上高地に入りました。

この日は、昼からの雨が夕方前にあがり、
濡れた木々の濃い緑色と、霧のような雲で、
神秘的な感じの美しさでした。

宿泊所で一休みした後に、
活火山の焼岳の熱による温泉に浸って、
その後、雨上がりの森林の道を歩き、
心身が浄化されていきました。

上高地は、晴れて良し、雨降って良しの聖地。
雨は、汚れを浄化し、慈悲の心をもたらす。

さて、この上高地には、
地・水・火・風・空の素晴らしさがあります。

上高地の土地全体が持つ神聖な波動(地)、

梓川が運ぶ穂高岳の雪解けの清らかな水、

温泉がもたらす大地の熱エネルギー(火)、

無数の生命を抱える森の生命エネルギー(風=ルン)、

高地の突き抜けるような青空。


地・水・火・風・空の純粋な自然と共に、
皆さんのお越しをお待ちしています。


<<< 前へ【いよいよ上高地へ、週末説法会・オフ会は終了】

次へ【上高地に入る9月23日】 >>>

ポータルサイト
総合入口ができました。こちらからどうぞ。
動画コーナー
ネット生中継
ひかりの輪 ネット道場
会員でない方も、どなたでも、支部道場での、教えや修行法を、ネットを通じて、ご自宅から学ぶことができます。
21世紀の宗教・思想の創造「ひかりの輪」