日記

3月15日の日記
(2007年03月16日)

 今日は、他の宗教の教祖の方と話す機会がありました。いろいろ、学ばさせてもらいました。
 
 高齢の女性で、病弱で学校にも行けず、しかし、20年くらい前に信仰に目覚め、他を許し、他に与えることを中心に実践されているそうです。

 ともかく、男性・大学出・健康体の私とは全く違うキャラクターでした。

 しかし、現在、宗教が互いに争って世界をおかしくしており、宗教が変わらなければならない、という点では、意見は一致しました。その最たるものが自分が没入したオウムでした。

 ところで、最近マスコミにも出て、そして、ミクシィを初めて、感じることですが、私が批判されるのは、過去の罪のためとしていいのですが、しかし、私以外の人と人の間でも、互いに批判し合うことが、相当に多いなあ、と思いました。

 私と違って、ミクシィやその他のネット世界に参加されている人は、みな、オウムのようなテロリストではないし、もしかしたら、ちょっと警察に捕まっちゃった経験があっても、私たちよりずっときれいな人たちの集合体ですから、互いをほめ合ってもいい人たちだと思います。

 私たちは、とうていほめられるべき人間ではないのですが、だからこそ、いっそう、他の方々は互いにほめられて良い人間だ、と思うんですよね。

 それとも、ネットだと、批判はしやすいが、称賛はしにくいのだろうかなあ。いや、やっぱり称賛より批判をする方が、パソコン以外の日常生活でも多くて、生活全体が、社会全体が、批判優位になっているのかもしれないな、と思います。

 実際、やってみると、称賛するのは、批判するより難しい面もある。相手の良いところを見つける力がないと、まとまな称賛はできないし、自分にストレス、いらだち、卑屈、嫉妬があると難しい。

 ただ、全く称賛がないと、成長するのが難しい人は、少なからずいる、と思います。自分の団体代表としての反省からそう思います。

<<< 前へ【記者会見を終えました】

次へ【3月18日】 >>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.joyus.jp/mt/mt-tb.cgi/46

このページの記事へのトラックバック一覧です。

» hummer kingston new york (送信元 「hummer kingston new york」