宗教と科学の統合

ニューサイエンスと仏教

                                                                   田渕智子
●ニューサイエンス登場

宗教と科学の統合を語る際にニューサイエンスのことを抜きにしては語れません。

これまでのいわゆるニュートン・デカルト的科学は、物質と精神を別のものと区別して考え、絶対的二元論を打ちたて、意識は脳の内部で起こる物質的プロセスの副産物としてとらえていました。

それに対して70年代に登場したニューサイエンスの特徴は、意識と物質との間に深遠な相互作用が働いていると、捉えていることにあるのです。むしろ、心や意識は副産物どころか、存在そのものに必要不可欠なものと提唱しているのです。

そして全体が一つにつながっており、一見個々バラバラの存在も全体から切り離すことはできないという全一性も大きな特徴です。

これは仏教のすべては心の現われという教えや、独立して存在するものはないという教えに非常に似ています。

ニューサイエンスにはどのようなものがあるのか、ここでいくつか簡単にご紹介します。


●量子力学

ニュートン・デカルト的科学は客観性が非常に重視されるのですが、皮肉にもミクロの世界の科学が発達するにつれ、それが通用しなくなったのです。

それは、新しく発見された原子の構成粒子は、観測者が粒子としての実験を行えば粒子としての性質を示し、波動としての実験を行うと波動の性質を示すという結果を招いたのです。

これは、物質の特性を決めるのは観測者の意志が入るということを示しているのです。観測者の意志によって結果が創りだされるという、いままでの科学を覆すようなことが起こったのです。

そこには客観性など存在しないのです。あえていうなら、観測者の心が現象を起こすという仏教的な結果にたどりついたのです。

つまり、この世界は見る人の認識によって創り出されるのです。すなわち、意識は客観的な物質世界をただ受動的に映し出すものではなく、リアリティそのものを作り出す積極的な役割を果たしているのです。

ただし、この観測者問題については明確な理論が定まっていないのが現状です。
さまざまな説があるので、これを解き明かすのは今後の課題といえます。


●天体物理学

天体物理学の分野でも新たな見方が生じてきました。

アインシュタインの相対性理論では、空間は三次元とは考えず、時間は直線的なものと考えません。時間と空間は別々のものではなく、「時空」という四次元連続体に統合されていると提唱しているのです。

このような宇宙観では、別々の物体の間に空間があるとはみず、全宇宙がひとつにつながっている連続的な場とみなされるのです。

これはこの世には独立して存在するものは何ひとつなく、すべてはつながっているという釈迦の諸法無我の教えにつながるものがあります。


●ホログラフィ理論

また、デヴィッド・ボームはニュートン・デカルト的な、世界を細かく分割し、部分を細かくみていくような機械論的な考えに反対し、全体的に見ていくことを主張しました。

彼のホログラフィ理論は非常に有名です。それはホログラフィのフィルムはふつうの写真と違い、各部分が全体像のすべての情報を含んでいます。

そのため、感光板がこなごなに割れても各破片が全体像の情報をもっており、再び同じように写し出すことができるのです。

一見バラバラで関係ないように思える部分も切り離して考えることが不可能な全体であり、この世界は秘められた何かの投影された姿と見ているのです。

時間、空間、物質を含めたすべてのものを、投影された何かの現われとしてとらえているのです。これを彼は「織り込まれた秩序」と呼んでいます。そして、ホロムーブメントを四つのエネルギー秩序として表現しています。

それは、「開示された秩序」「織り込められた秩序」「純粋可能性の領域」そしてさらにその先に「直感的知性の領域」というものがあると言っています。


●形態形成場理論

また、生化学の立場からルパート・シェルドレイクは形態形成場理論を提唱しました。

それは、生物の細胞やその働きはいろいろ解明されていますが、その姿、形がどうして創造されたのかはまだ科学的に解明されておらず、形態というものが実は「形態形成場」というものがあり、それによってできているのではないかと言っているのです。

植物や動物の形態がなぜそれぞれ種によってちがうのか。同じ人間でも誰一人として同じ顔、手足、姿をしておらず、その形態というのはDNAや遺伝では説明できない何かによって創られているというのです。

これは、カルマによって次の生の形状容姿が決まるという仏教・ヨーガの法則で説明できると思います。その生で積んだカルマはコーザルにデータとして残り、死後、転生のときに大きく影響を与えます。どの世界に生れ変わり、どんな環境でどんな形状容姿になるかはすべて積んだカルマによって決まってくるのです。

この形態形成場というのはコーザルのデータにつながるものがあります。


●グリセリンの結晶化

物質においてもこの形態形成場は影響をあたえるという事実があります。

その例はグリセリンの結晶化で知られています。科学者たちは18世紀頃、グリセリンの結晶化を試みていましたが、なかなかできませんでした。ところが20世紀になり、偶然の条件からグリセリンが自然結晶をしたのです。その結晶を手にした科学者は次々と結晶化に成功しました。

ところが驚くべきことに、ある科学者がグリセリンの結晶化に成功したとたん、同じ部屋にあったグリセリンがすべて自然に結晶化したというのです。


●行動パターンの伝播

また、シェルドレイクはある仮説をたてました。

ある種の一員がある新しい行動パターンを始めたとき、その行動パターンをその種の相当数が模倣して、長い間くりかえした場合、その行動パターンがその種全体の遺伝的特性になる可能性が高いと。

たとえば、ラットに迷路抜けなどの新しい学習をさせると、世界中の同品種のラットが同じ行動をより速く学習するようになることが知られています。


●100匹目の猿

ライアル・ワトソンの100匹目の猿の話も有名です。

猿がイモを洗うことをはじめ、それをまた別の猿が教えられて洗いはじめ、次々とそれが広がっていきました。そしてある数に達したとき、まったく別のところにいた教えてもらってもいない猿たち全員が、突然イモを洗い始めたという話です。

この仮説からすれば、修行し、悟りをひらく人がでれば、世界中の人もより早く修行し悟れるようになるし、ある数に達したとき、まったく別のところでも突然悟った人が出始めるかもしれないのです。そして、修行して悟ることが多くの人に広まり、長い間繰り返されれば、人間は修行し悟りを開くことが当然のことのようになるのではないでしょうか。

このようにニューサイエンスでは、この世界の背景に何らかの隠された意識のようなものを感じ取っているのです。


●超心理学

超心理学者によるテレパシーや、透視、念力などの研究も進んできています。

修行のすすんだヨーギはこの心で現象を動かす力が相当強いといわれています。プラーナを自由に操れるようになるからでしょうが、いわゆる現代科学の常識を超えた超能力を発揮することができるのです。

アメリカのグリーン夫妻の研究では、インドのヨガ行者が心拍、血流、体温を意のままにコントロールしたり、1メートル以上離れたところにある物質を思念の力だけで動かしたり、思念だけで数秒のうちに、体のあちこちに包のうを生じさせたり、消したりすることができたことが、発表されています。

彼らは二十年にわたって何百人もの修行者的な人を被験者として実験してきました。その結果、偏頭痛、高血圧など、多くの不随意の機能をコントロールするバイオフィードバック技術の開発に成功したのです。

こうした超能力の科学的解明も、意識と物質の関係に関する量子物理学の今後の発展を考えれば、近い将来行われていくものと期待しているのです。


●深層心理学

心理学の世界でも、これまでの心を刺激-反応という、まるで機械のように扱った行動主義的な立場とは異なり、深層心理学やトランスパーソナル心理学といった無意識や超個的な研究をし、宗教的な立場に近づいていった人たちも出てきました。

ユングやマズロー、スタニスラフ・グロフ、ケンウィルバーなどがその代表的な人たちです。ユングは自分の考えがあきらかにいままでの科学のはちがうと認識していました。

心理学に関しては改めて詳細に記述します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

以上簡単ですが、ニューサイエンスにどのようなものがあるのか、おわかりいただけたでしょうか。

その他にも多くの科学者が、新しい見解を提唱しはじめています。それについては随時紹介していきたいと思います。

科学の研究が進めば進むほど、物質と心は別であるという二元論が通用しなくなり、一元的な世界観が露出してきたように感じます。それはかつての仏教の説く一元思想が、科学的にも証明されるという期待を生じさせます。そうなったあかつきには、もはや仏教と科学は切り離せないものとなるのかもしれません。


※参考文献
『個を超えるパラダイム』 スタニスラフ・グロフ編 吉福伸逸編訳 平河出版社

<<< 前へ【宗教と科学の統合について】

次へ【量子力学によるパラダイムシフト(1)】 >>>

一般の方のために
外部監査委員会
ひかりの輪を監査する「外部監査委員会」のサイト〈河野義行委員長監修〉
アレフ問題
アレフ洗脳被害のご相談窓口もこちら,アレフの盲信脱却法も掲載。
地域のみなさまへ
地域の住民のみなさまに向けて、団体の活動や、疑問へのお返事を公開。
ポータルサイト
二十歳からの20年間
3月1日、全国書店で発売中。
「ひかりの輪」代表 上祐史浩オフィシャルサイト
ひかりの輪 ネット道場
どなたでも、道場でご提供している教えや修行法を、ネットを通じてご自宅から学んでいただけます。