NEWS
「ひかりの輪」に関する最新ニュースをお届けします。

その他のお知らせ

松本サリン事件被害者・河野義行氏などの「外部監査人」ご就任について
(2011年12月03日)

当団体は、オウム事件再発防止の観点に立って団体運営が適正になされているか外部から監査してただくための「外部監査人」をお招きすべく準備を整えています。

すでに、オウム事件被害者の方やその親族の方、他の宗教の指導者、犯罪更生等の関連分野の専門家に就任をお願いし、本日(2011年12月3日)段階で、すでに5名の方から就任のご承諾を得ております。

昨日(12月2日)は、上祐代表らが松本サリン事件被害者である河野義行氏に、東京都内のホテルで面会の上、外部監査人への就任を要請し、ご承諾をいただきました。

その際には、上祐代表から、「大半のマスコミや地域住民の方々が、公安調査庁の見解に影響されて当団体の実態を理解していない中で、ご自分の目で教団を確かめ、地域住民との架け橋になっていただきたい」という要請をいたしました。

それに対して河野氏も、「報道で流されている情報と、実際に会って見たひかりの輪の人たちの実像が、あまりにも違うので、中に入って自分の目で確認してみたい」とおっしゃり、ご承諾をいただきました。

その後、河野氏が報道機関の取材に応じられ、以下の通り報道されています。

◎朝日新聞記事

◎共同通信配信記事

◎共同通信配信動画

河野氏は、ご自身が松本サリン事件で被害を受けられただけでなく、奥様も亡くされました。また、事件当時、警察の誤捜査や、マスコミの誤報の被害を受けられた経験があります。
その後、人権問題を啓発するための著作・講演活動を行われ、さらには、警察活動を監視する公安委員などを務められました。
その意味で、当団体を適切に監査するとともに、公安当局の問題をも把握して、地域住民の方との架け橋になっていただけるものと思います。

外部監査人は、当団体が、新たな団体規約をもって定める役職であり、以下の役割を果たします。

1 団体活動についての報告書や教義資料等を受け取り、施設に立ち入り、役員に面会する等して監査し、重要な問題があれば、団体への指導・勧告、外部への公表・告発をする。
2 監査役の専門分野によっては、団体に適切と思われる精神的・宗教的助言・指導を行うことができる。

これまでに、被害者関係の方としては、河野氏を含め地下鉄及び松本サリン事件の被害者並びに被害者親族の方合計3名(被害者支援団体の元理事の方を含む)に、就任のご承諾をいただいております。

それに加えて、他宗教の指導者(東北地方の修験道の先達)、法学・犯罪更生の大学教授の方などに、就任のご承諾をいただきましたが、今後、さらに宗教学・社会学の専門家の方の招聘を予定しております。

こうした外部監査人の方々によって、外部監査委員会が構成されます。

また、一般の方々の中から、外部監査人・外部監査委員会を補佐して、当団体の各本支部の活動を監査するための協力者となっていただける方についても、ご就任のお願いを進めています。
全国8か所の本支部にわたって、計20名以上の方をお招きする予定です。

もっとも、当団体は「開かれた団体」を目指し、すでに説法会・セミナー・聖地巡礼等の活動を一般の方に広く公開しており、昨年から数百名の一般の方にご参加いただいております。

よって、外部監査人と監査協力者による特別な監査に頼らずとも、実際には、地域住民の皆様自らが当団体の活動実態をご覧になって真実を確かめることは十分に可能であり、それが理想であることはいうまでもありません。

先月(2011年11月)、上祐代表が取材に応じた大阪朝日放送の報道番組『キャスト』は、事件以来16年が経つ中で当団体は麻原信仰を行なっておらず被害者賠償を続けているものの、地域住民には依然として昔のオウムの「イメージ」を背景とした団体への「漠然とした不安」が残っていると報道しました。

河野義行氏も、昨日の上記取材の中で、このイメージの問題に言及されていました。
当団体では、河野氏をはじめとする外部監査人の方々、そして監査協力者の方々に、当団体の実態を見ていただくことによって、誤ったイメージに基づく社会の不安を解消するとともに、さらに自らを厳しく律して改革を進めていきたいと考えております。

 

次へ【 12月18日(日)千葉支部上祐代表説法会のお知らせ】 >>>

一般の方のために
外部監査委員会
ひかりの輪を監査する「外部監査委員会」のサイト〈河野義行委員長監修〉
アレフ問題
アレフ洗脳被害のご相談窓口もこちら,アレフの盲信脱却法も掲載。
地域のみなさまへ
地域の住民のみなさまに向けて、団体の活動や、疑問へのお返事を公開。
ポータルサイト
二十歳からの20年間
3月1日、全国書店で発売中。
「ひかりの輪」代表 上祐史浩オフィシャルサイト
ひかりの輪 ネット道場
どなたでも、道場でご提供している教えや修行法を、ネットを通じてご自宅から学んでいただけます。