一般・会員の方の声
一般の方、会員の方の、ひかりの輪についてのさまざまな声をご紹介します

元オウム信者の声

一元の教えを学び実感している、心の変化がうれしい(HTさん 40代女性 東京都)

ひかりの輪に入会して、私は心の変化を顕著に感じています。

私はオウム真理教時代は、元教祖に対する妄信的な信と帰依というよりは、ファン的要素が大きかったと思います。

ひかりの輪に入会したきっかけは、アレフの体制や指導に疑問を感じたからでした。
アレフでは、入信せずに非信徒として活動していたのですが、ある時期から信徒との対応の差を感じるようになりました。

また、上祐代表脱会後のアレフでは、オウム真理教時代に使用していた教材を再び使用することになり、持っているにもかかわらず、また購入するよう勧められたり、その教材を購入しないとセミナーには参加できなくなったりしました。
また、アレフの指導層である、師や正悟師に何を質問をしても、「帰依・信」といった一辺倒の答えしか返ってきませんでした。

ほかにも、十戒を説きながら、十戒に反する、ひかりの輪を誹謗・中傷するといったアレフ教団の姿勢、サリン事件を始めとする数々の事件を陰謀とし、元教祖は関与していないものとして指導していることに疑問を感じましたので、思い切ってアレフを辞めて、ひかりの輪でやってみようと決意しました。

 ひかりの輪に入会して1年が経ちましたが、入会した当初は、なかなかオウム真理教の元教祖に対する執着が取れず葛藤しましたが、上祐代表の説法を聞いていくうちにだんだんと心の働きが変わっていくのを感じました。

ひかりの輪の教えの中核である「一元的な思想」を学び、特に「苦と楽の区別を超える教え」により、苦しみや万物に感謝する気持ちの大切さを実感しました。そして、物事を客観的に見たり考えたりするように変わってきました。

 大した事ではないと思われるかもしれませんが、悲観的で苦から逃避しがちな私にとっては、少しずつ苦に対応できる自分になってきたことがうれしいです。
これからは、もっともっと教えを学び、強い心の状態をつかみたいと思います。

<<< 前へ【道場に来ると安心できます (Sさん 40歳男性 大阪府 療養中) 】

次へ【 自暴自棄になりかけていたとき、自分を愛することを教えられました(ASさん 25歳男性 岡山県 警備員)】 >>>

一般の方のために
外部監査委員会
ひかりの輪を監査する「外部監査委員会」のサイト〈河野義行委員長監修〉
アレフ問題
アレフ洗脳被害のご相談窓口もこちら,アレフの盲信脱却法も掲載。
地域のみなさまへ
地域の住民のみなさまに向けて、団体の活動や、疑問へのお返事を公開。
ポータルサイト
二十歳からの20年間
3月1日、全国書店で発売中。
「ひかりの輪」代表 上祐史浩オフィシャルサイト
ひかりの輪 ネット道場
どなたでも、道場でご提供している教えや修行法を、ネットを通じてご自宅から学んでいただけます。