会員の声
ひかりの輪の会員のさまざまな声をご紹介します

ひかりの輪に入会した方の声

「ひかりの輪に巡りあって――感謝・奉仕・謙虚さを忘れないことの大切さ」(Aさん 千葉女性・20代)

今回は、最近新しく会員となられた方の体験談をご紹介します。

---------------------------------

私は4月の18日に初めてひかりの輪の説法会に参加し、会員となりました。

ひかりの輪に入会したばかりですが、その後の1週間で確実に私の日々の行い、心がけに変化がおきたのです。 初参加の翌日から、たった1回道場に行っただけなのに、「劇的に変わった」と母親に言われました。

毎日3回、釈迦牟尼や観音菩薩や阿弥陀如来の祀ってある祭壇に向かい、手を合わせたり、真言を唱えるようになり、供養法の実践から朝がはじまるようになりました。

身の周りを清掃し、清潔に保つことを心がけることによって、自分自身の心の持ち方が変わってくるということを身を持って実感しています。

また、周囲への気遣い、気配り、他人を思いやる心、気づきに注意をするようになりました。

butuzou.jpg

行動にも気をつけていたら、小さな女の子が私にいきなり抱きついてきたり、年配の方からよく話しかけられるようになったりと人に好意をもたれ、何かと不思議な出来事が続いています。

そして翌週に千葉道場を訪れたときにも、不思議な出来事を体験しました。道場では、指導員のもとで、供養、供養の瞑想、行法、質問等を行いました。 地、水、火の供養を実践しているときのことです。

安堵感では、満ち足りた気分、冴えた感じ、視界や意識が一瞬にして変わりました。

その感覚は、煩悩、怒りから解き放たれて肩こりがとれ、全身が軽くなったのです。 そして瞑想と調気法を行うことによって、普段、思考を止めたくても止められないことに悩まされて、怒りを止められないで苦しんでいましたが、そのとらわれから解放されて、より質のよい崇高な瞑想領域に入ることができたのです。

私が入会していろいろと変われたのは、ひかりの輪の皆様に出会えたからだと、とても感謝しています。

心地よい波動で笑顔も増えました。 信仰と実践によって、人間ってこんなにも変われるのだと思いました。

もちろん修行によって努力をし、謙虚な気持ちで功徳を積まなければ本当の幸福は手に入れることはできませんが。

普段、あたりまえのことに気づき、感謝をするという人は今の世の中少ないのではないでしょうか。 何気ないことにも普段から、感謝、奉仕、謙虚な気持ちを忘れないことが大事だと思います。

ひかりの輪に入って、この3つが重要だと気づかされました。 そして、この3つを広めていきたいと思いました。

P6020105re.jpg

 

 

<<< 前へ【本当の幸福を得るための宗教をめざして(Kさん 40代女性・千葉)】

ポータルサイト
総合入口ができました。こちらからどうぞ。
動画コーナー
ネット生中継
二十歳からの20年間
3月1日、全国書店で発売中。
ひかりの輪 ネット道場
どなたでも、道場でご提供している教えや修行法を、ネットを通じてご自宅から学んでいただけます。
「ひかりの輪」代表 上祐史浩オフィシャルサイト
「ひかりの輪」支部サイトはこちら